5月 8

私は生まれた時から小学校に入るまでびっくりするぐらい目が小さかったそうです。

そんな私を不憫に思った親が、どうしようかとさんざん悩んだあげく・・整形手術を受け察してくれたそうなんです。

そのおかげで、むしろ人よりも印象的なくっきり二重まぶたの目元となり、目のことでいじめられる事はなく、どちらかというと学生時代はモテたくらいです。

そんなこんなで、順風満帆だった私は、 23歳で結婚し、半年後に娘を授かり幸せいっぱいだったんです。

でも、生まれた娘は・・残念ながら今の私とは似ても似つかない本当に一筆書きのような細い目元だったんです。。

(主人も奥目な印象の目元です)

もちろん、私は整形なので当然と言えば当然なのですが・・主人にはそんな私の整形手術をしていた過去を話していなかったので、しぶしぶ話すことになってしまいました。。

まぁ私の事は仕方がないとして、私と同じように娘にも整形手術を受けさせるかどうか?

が問題です。

私としては、娘の将来のためにも是非受けするべきだと思うのですが、主人は持って生まれたものを手を加えて変えてしまうのはよくない!

というのですね。

それに、もし失敗したら・・という考えが深くて素直に受けさしてもらいそうにはありませんでした。

でも、残念ながら女性は男性以上に見た目が大切だと思うんです。

娘にとって、いま私たちが手術を受けさしてあげることが幸せにつながるのなら是非とも受けさしてあげたいですよね。

私の頃と違い、今ではまず失敗もなくて手術の跡もまず分からないほどなんだそうです。

若い女の子たちは、プチ整形と言って気軽に二重まぶたに整形しているそうなので、娘もお金が自由に使えるようになったらきっと自分でしてしまうとおもうんです。

それならやっぱり今のうちにしてあげる方がいいんじゃないかな?と私は思えるんですけどね。

娘の将来のためにも私人を説得してみます。

そういえば、手術しなくても二重まぶたを形成できるというミセルDラインジェルという商品が話題になってるみたいですが・・これが本当なら、確かにリスクもないのでいちばん良さそうなんですが・・

幼い子どもにも使えるのか?その辺の詳細が気になります。