8月 26

いじめられていた先輩の大出世

中学生の時、いじめられていた男の先輩がいました。
頭は良かったのですが、友達がおらずアニメオタクで、容姿もあまり冴えませんでした。
みんなのからかいの的にされていましたが、当の本人は黙っているだけ。
いじめられていることを誰にも訴えることなく、卑屈になることもなく、ただ黙っていました。

30歳過ぎ、ある友人からあのいじめられていた先輩が、アニメの世界で大成功したらしい、と聞きました。
そして、ある有名なアニメ映画を見てみると、エンドロールに先輩の名前がクレジットされていました。
雑誌やネット上にも先輩は登場し、その世界ではとても尊敬されるクリエイターになっていたのです。

もう誰も先輩をバカにする人はいません。
先輩が帰郷した時も、いじめていた人たちは何も言えず、すっかり垢抜けて自信に満ち溢れた先輩をただ見ているだけでした。

いじめられていた時、先輩はずっと黙っていましたが、あの時、自分はいずれ大物になると確信していたのでしょうか。
いじめていた人たちと同じ土俵に乗るものか、と考えていたのかもしれません。
学生の時など長い人生の中では一瞬のことです。
いずれにせよ、自分の信念を貫き通し、成功することは素晴らしいと先輩を見て思いました。


8月 18

都議会でのセクハラヤジ問題

最近、都議会でのセクハラ野次問題が話題になっていますね。
テレビの音声で確認すると、質問中の塩村議員に対して、「早く結婚した方がいいんじゃないか」「まずは自分が産めよ」「産めないのか」という言葉がはっきりと聞いて取れます。
きっと軽い気持ちでの発言でしょうが、腹が立ちますね。

結婚や出産の問題って結構ナイーブで、結婚したい気持ちがあっても環境が整わない人もいるし、出産なんてもっとそうですよね。
私の周りにも妊娠を希望しているけどなかなかできずにお金と時間をかけて不妊治療に通う人がたくさんいます。
世の中にはそういう女性がたくさんいるんです。
ヤジの主は正に女性を敵に回しましたよね。

それにしても、これだけ問題になっているのに、まだヤジの主が特定されないのはなぜなのでしょうね。
そばにいた人にはわかるはずだし、誰よりも本人が一番分かっているはず。
後になって情けない姿で出てくるよりも、せめて潔く出てきてほしいものです。


8月 8

恋人の誕生日

もうすぐ付き合って二年半年の恋人の誕生日♪最初の年は財布をあげて、二回目の誕生日は彼が特にプレゼントはいらないよと言う事なので何も渡さず、食事代やお泊り代を私が払い一日過ごしました。
次の日お互い家に帰り何時後かに彼に電話した所、妹からニット帽のプレゼントをもらったとの事…
えー何か嬉しそうにしてるし、私もやっぱり何か渡せば良かったと後から後悔。

日頃から彼は私や私の家族に良くしてくれるので誕生日くらいお返ししたいのに!でも彼は私がお金を使うのを嫌がるのでプレゼントはいらないと言う。
二回目の誕生日はこうして終わり、今回三回の誕生日!彼はプレゼントはいらないと言うのですがささやかなプレゼントは絶対渡したいので今から何にしようか凄く悩みます。
でも私の家族も彼の誕生日を一緒に祝いたいみたいなのでこれから家族みんなで家族会議です!悩むけど今からワクワクします。